2014年04月16日

ブライダルフェアを回って分かったこと

私は、結婚式に大きな憧れが強くありました。

一生に一度しかない結婚式なので、妥協はしたくないですし、友人達がやっているような失礼かもしれませんがありきたりな結婚式もしたくありませんでした。何より思い出が強く残るので、ロケーションもとても大切でした。

オリジナルな結婚式がしたくて、2014年のブライダルフェアや様々な教会や神社をネットで検索しました。神社の人前式も、普段着ることのない和装なので魅力的ですし、教会はレストランウエディングも視野に入れて探しました。ですがどこも日本なのでありきたりな感じがしてたまりません。

彼と相談をして、ブライダルフェアなどにも行ったり、何回も迷っていた所、結婚の話が面倒になってきてしまったみたいで、彼はどうでもいい。とのこと。とても残念に思いました。

そんな頃たまたまテレビで海外挙式の事を特集しておりました。二人でまじまじと見つめ、私は海外もいいな。と思っていましたがまた結婚式の話をすると彼が嫌がりそうだったので話はせずに終わりました。

数ヶ月が経ち、話があると彼が来まして、もってきたのが海外挙式込みの新婚旅行のパンフレットの山。これにはすごくら嬉しかったです。これがプロポーズ的な感じになるのですが、とても嬉しかったです。

海外挙式だと、距離的にどこかな?旅費は?時差は?誰呼ぼうか?親どうする?友達どうする?など次々に話が膨らんで行きます。

その後も少し東京のブライダルフェアなども探してみたのですが、もう海外での挙式以外は考えられなくなっていました。

まず場所は海の綺麗な所に行きたいなという二人の意見と、時差はあまりない所がいいなという事でバリ島にすぐ決まりました。

そこからはブライダルの式場選びです。バリ島は小さな島といえど、そのロケーションの良さからかなりの数の結婚式場というかチャペルがありました。まず海の綺麗な所へ行くのだから、海沿いのチャペル探しをしまして、そこから予算との相談でした。

ブルガリホテルなどは神秘的な雰囲気で水に浮かんでいるようなチャペルで幻想的でした。アヤナリゾートは森に囲まれているような自然溢れるチャペルでした。そして私たちが挙げたブルーポイントバイザシーに出会いました。

ブルーポイントは、断崖絶壁の上に立つチャペルで、真っ白なチャペルにブルーの海が広がるとても爽やかで綺麗なチャペルでした。ここの画像をみた瞬間ここがいい!!と直感的に感じに彼も同意してくれました。

私は直感と雰囲気で決めてしまいましたが、実際に挙げてみてとても綺麗な思い出と写真などが残り、満足しています。

家族も連れて行かず二人だけのウエディングになったのですが、とても思い出にのこる結婚式でした。海外挙式も素敵なので日本で考えている方も少しだけでも視野に入れて調べてみると楽しいかもしれません。